兵庫県姫路の酒蔵・灘菊酒蔵株式会社

兵庫県姫路市の日本酒醸造元
明治43年創業 お酒と食文化のハーモニー

兵庫県姫路の酒蔵・灘菊酒蔵株式会社

灘菊酒造ポータルサイト > 蔵元ごあいさつ
灘菊酒蔵 蔵元あいさつ

〈代表取締役社長 川石 雅也〉
明治43年に初代川石 酒造作が川石本家酒類(資)より独立し、川石酒類(資)を創業。現在の地(姫路市手柄)で清酒製造を始め、平成22年に100周年を迎えました。

社名の「灘菊」は、姫路の前に広がる海 ‘播磨灘’ の「灘」と花の「菊」を合わせたものが由来となります。
 昭和30年代には、二代目 川石幸作が積極的に製造量を増やし、当時の地酒メーカーとしては珍しい鉄筋コンクリートの三季醸造「甲蔵」を完成するなど、業容を拡大していきました。
 一方、昭和39年に国鉄姫路駅地下街において直営の飲食店「酒饌亭灘菊」、昭和59年には市内に串揚倶楽部「蔵」を開業し、現在のモットーである「お酒と食文化のハーモニー」の礎を築きました。

〈創業当時の酒蔵〉
平成に入って、私の発案で、本社で酒蔵見学をスタート。さらに、木造酒蔵の一部を改装して酒蔵レストランを併設しました。平成5年姫路城が世界文化遺産に登録されたことや趣のある創業当初の木造酒蔵が現存すること・酒蔵料理の品が全て手作りということが好評を得、平成25年度では年間10万人のお客様にお越し頂いております。
 酒造りにおいては、平成6年より「大量生産から小ロット生産」にシフトチェンジし、500kgの少仕込み生産を開始しました。平成13年に東京農大醸造学科を卒業した蔵元の三女 川石光佐が入社し、3年間南部杜氏 鎌田勝平氏のもとで修行。平成16年から杜氏として製造の中心を担い、平成21年に厚生労働大臣認定「酒造技能士1級」・平成22年に「(社)南部杜氏組合杜氏試験」に合格し、全国でも珍しい女性杜氏として活躍しております。
 

〈現在も残る、木造酒蔵〉
また平成25年度南部杜氏自醸酒鑑評会の純米吟醸の部・純米の部において、優等酒に入賞する実績も収めております。 お酒に使用する米は「山田錦」「兵庫夢錦」など兵庫県産米を中心に厳選し、特に西播磨特産の「兵庫夢錦」は神崎郡市川町の農家さんと契約栽培をし、地元の酒米使用に力を注いでいます。仕込は伝統的な手造りの製法で行い、杜氏以下の蔵人も若手の社員が担い、社員一丸となって酒造りに精進しております。また貯蔵・熟成においては、瓶貯蔵の小ロットで管理し、瓶1本単位で繊細に徹底した熟成管理をしています。
このように小仕込み・小ロット管理のため、製造量に限りはありますが、地元の酒米を丁寧に丹精込めて醸し、徹底した品質管理をすることで、お客様に「旬のお酒を一番おいしい状態でお届けする」ことができると考えております。ぜひ一度、酒蔵に「旬のお酒」を召し上がりに来て下さい。お酒と食文化のハーモニーをモットーとし、おもてなしの心で酒蔵スタッフ一同心よりお待ち申し上げます。

代表取締役社長 川石雅也