お中元Q&A

Q1. 贈る時期はいつごろ?

東日本では7月初めから15日頃、西日本では8月初めから15日頃までの間とされてきましたが、最近では地方にかかわらず7月中頃まで(土用の入り前まで)に贈ることが一般的になってきているようです。 もし時期を逃してしまったら、7月15日以降は「暑中御見舞」、8月7日の立秋以降は「残暑御見舞」として贈ります。

Q2. 誰に贈ったらいい?

お中元とはあくまでも「感謝の気持ち」を伝えるものですので誰に贈らなければならないといものはありません。ただ、一般的には離れて暮らしている両親や親戚、勤務先の上司や恩師、新婚さんであれば仲人や媒酌人に贈る場合が多いようです。
最近ではカジュアルなプレゼントとしても用いられてきていますので、ご近所さんや家族、ご夫婦間で「夏ギフト」として贈るケースも増えつつあるようです。

Q3. 予算はいくらくらい?

贈る対象のそれぞれの方々にいくらくらいのものを贈るかについては、日頃お世話になっている度合いによって価格帯を変えるのが一般的ですが、お中元では3,000円~5,000円が一番多い価格帯になるようです。
■特にお世話になっている人:10,000円くらいのものを贈る場合もある
■仲人、媒酌人、特にお世話になっている上司、目上の人:5,000円前後
■同僚、知人、友人、近所の方:3,000円前後
いずれにしても、あくまで感謝の気持ちが第一ですので、相手が喜ぶギフト選びを心がけましょう。

Q4. どんなものが喜ばれる?

ついつい贈る側の好みによって、同じようなものを贈ってしまうケースが多いようですが、お中元は自らの心が相手に伝わり喜んでもらってこそ本来の意味合いがあります。いくら高価なものであってもお酒が飲めない人にお中元定番商品だからといって、ビールなどを贈っても喜んでもらえません。
また、お子様のいる家庭へはジュースや清涼飲料水が喜ばれますし、大家族の場合、高価でも少量のものだとちょっと困ってしまいますよね。
ギフト選びの際は、相手の嗜好や家族構成、年齢など贈る相手の事を考えると何が喜ばれるか見えてきますよ。

Q5. 贈る時のマナーは?

お中元の本来の贈り方は事前に訪問時間を打ち合わせて、先方宅に直接持参するのが習わしですが、昨今では互いの都合もあってデパート・百貨店から直送したり、宅配便を利用したり、インターネットで購入したりすることが一般的になってきています。
感じよく贈るには、配送の際に挨拶状やカードを添えたり、届く頃を見計らって、日頃の感謝や近況をしたためた手紙や葉書を出したすとより印象もいいでしょう。親戚や友人、知人に贈る場合は電話で伝える程度でも構いません。
また、冷蔵のものや産地直送のものを贈る場合は相手の予定を確認しておいたほうがいいでしょう。配達日時を指定できるサービスのある商品も数多くあります。

Q6. お中元をもらったら?

お中元を受け取ったら、できるだけ早く感謝の気持ちを込めた礼状を贈るのが基本のマナーです。友人、知人などの親しい間柄であれば電話でお礼を伝えるのもOKです。

Q7. お中元のお返しって必要?

お中元はあくまで感謝の気持ちを表すものなので、お返しは不要です。
ただし、戴いたままでは心苦しい場合や、思いがけない相手から戴いた場合は、時期をおいてお土産や誕生祝などでお贈りすればよいでしょう。

Q8. 喪中の時はどうしたらいい?

お中元はお祝いごとの贈り物ではなく、普段お世話になっている感謝の気持ちを伝えるものであることから、当方、または先方のいずれかが喪中の場合であっても、お中元を贈りあうことは一向に差し支えないことになっています。しかし、お中元の期間が忌中(四十九日前だったり、まだ喪が明けて間もない)場合は、時期をずらして暑中見舞いや残暑見舞いの形で贈る方法もあります。

Q9. 今回だけ贈る場合は?

お中元は、日ごろの感謝の気持ちに、「これからも変わらぬお付き合いを」という意味を含めて贈るものですが、何かの縁で今年だけお世話になった人に一年限りのお中元を贈ることになった場合はのしの能書きを「お礼」「心ばかり」として贈りましょう。灘菊でも対応しております。