灘菊酒蔵株式会社ネットショップ

日本酒(純米酒・本醸造・吟醸酒 等)・地酒・酒蔵自家製品の通販サイト

灘菊酒蔵ネットショップ
初めての方へ よくあるご質問

商品検索

好みの酒を探す

まとめ買いがお得10,000円以上お買い上げで送料無料
オリジナル名入りラベル酒 企業の記念行事、ノベルティに。 FAXでご注文の方はこちらから FAX用ご注文用紙ダウンロード

お買い物に関して

クレジットでのお支払いが可能になりました。

発送日カレンダー

今月(2017年11月)
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
翌月(2017年12月)
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
…発送なし
蔵元ごあいさつ 当時紹介 酒造りのこだわり 灘菊酒造の豆知識 過去のメディア掲載情報 オフィシャルサイト

灘菊 酒造り4つのこだわり

こだわり1 酒米は地元産を中心に厳選

酒米は「山田錦」「兵庫夢錦」「五百万石」など兵庫県産米を中心に厳選。特に、西播磨特産の「兵庫夢錦」は神崎郡市川町の農家さんと契約栽培をし、地元の酒米使用に力を注いでいます。吟醸酒は全量「山田錦」を使用しております。また平均精米歩合は58%(平成27年度全国平均64.6%)であり、ほぼ吟醸酒なみの磨き上げたお米を使用しています。


兵庫夢錦

契約農家 村田敏郎さん

稲穂
こだわり2 小仕込み 手造りで丁寧に醸します

より高品質な酒造りを目指し、平成6年から500kgの小仕込み生産を開始。現在年間200石(1.8L瓶で2万本)製造しています。伝統的な手造り製法のため、製造量に限りはありますが、丹精込めて丁寧に仕込んでいます。米洗い・麹などの各工程は手作業で、一つ一つの作業を大事に進めています。
特に最終段階の「しぼり」は、昔ながらの「槽型30段しぼり機」(ヤエガキ式)を使用しています。通常のしぼり機では半日で仕上がるところ、「槽型30段しぼり機」はを3日間かけじっくりしぼります。出来上がる量は通常より約10%程少なくなりますが、ピュアで透明感のあるお酒に仕上がります。
手間隙かかるため、吟醸酒などの高級酒のみに用いられることが多いですが、弊社では全量をこのしぼり機を採用しています。


洗 米


仕込み

30段重ねの横型しぼり機
こだわり3 瓶貯蔵で徹底した品質管理

しぼったお酒は一週間以内に瓶詰めされ、瓶1本単位で徹底した品質管理を行います。
大吟醸・吟醸・生酒クラスは1℃の冷蔵貯蔵し、新鮮でまろやかな風味を維持しております。純米・本醸造は10~15℃と商品に応じた適切な温度で3ケ月~1年半貯蔵し、熟成された一番おいしい旬の状態を判断し出荷しております。


こだわり4 地元の人間で醸す

杜氏 川石 光佐
女性では全国3人目の南部杜氏として、また兵庫県内唯一の女性杜氏として活躍しております。
また蔵人は杜氏を含めて3人。30代の社員で構成され、まだまだ若く進化の過程ですが、チャレンジ精神を忘れず「酒造りを五感で楽しむ」をモットーに日々酒造りに精進しています。

灘菊酒造 豆知識

灘菊のお酒は、年間200石=1.8Lで2万本を手造りで製造しています。
杜氏は蔵元三女「川石光佐」女性では、全国3人目の南部杜氏です。蔵人は、当時を含め4人。平均年齢は30歳です。手造り、少量仕込みで丁寧に造っています。
造っているお酒の90%が特定名称酒と呼ばれる高品質の日本酒です。
灘菊のお酒は70%が直売所での販売。少量生産のため、そのほとんどが、地元姫路で売り切れてしまいます。


全国澗酒コンテスト2016 プレミアム澗酒部門 最高金賞受賞

全国燗酒コンテスト2016 プレミアム燗酒部門で
「純米 灘菊」が最高金賞を受賞しました

純米「灘菊」の詳細はこちら
純米「灘菊」
全国燗酒コンテスト2016(主催:全国燗酒コンテスト実行委員会 / 後援:日本酒造組合中央会)の審査会が 7月28日(木)に外苑アイランドスタジオで開催され、灘菊酒蔵から出品した 純米「灘菊」がプレミアム燗酒部門で最高金賞を受賞しました。
※プレミアム燗酒部門(45℃)/ 最高金賞(268点中20点)
全国燗酒コンテスト2016結果一覧はこちら
全国燗酒コンテストとは・・・審査は、湯煎で酒温を各審査温度(熱燗、ぬる燗など)にコントロールして、ティスティングにより5段階評価されました。石川雄章氏(日本醸造協会)、北本勝ひこ氏(東京大学大学院)、高橋康次郎氏(日本酒造組合中央会)ら醸造関係の専門家、流通業や小売業からの審査員も含め20名により実施されました。今年のコンテストには254社から768点が出品され、審査スコアの平均値で上位30%が金賞、5%が最高金賞に認定されました。

IWC2016 純米の部で特別純米「MISA 33」が
ブロンズメダルを受賞しました。

純米吟醸 MISA の詳細はこちら
特別純米「MISA 33」
IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)とは・・・
世界のワイン・ジャーナリズムをリードするロンドンで毎年開催され、世界最大規模・最高権威に評価されるワイン・コンペティションであり、世界中のワイン業者から最も注目されているものです。
この世界的なワイン・コンペティションに、2007年にSAKE部門が創設され、2016年現在では【純米の部】 【純米大吟醸の部】 【純米吟醸の部】 【本醸造の部】 【吟醸の部】 【大吟醸の部】 【古酒の部】【スパークリングの部】 【普通酒の部】の9部門が設けられています。
出品酒の中から、各部門スコア順にブロンズメダル、シルバーメダル、ゴールドメダルが授与されます。2016年度においては、1282銘柄が出品され過去最高となり、年々メダルの受賞が難しくなっています。
当蔵では2016年に初出品し、「特別純米MISA」がブロンズメダルに輝きました。
第98回・第96回南部杜氏自醸酒鑑評会 吟醸の部で、大吟醸「酒造之助」が優等酒を受賞しました。

大吟醸「酒造之助」が平成28年度全国新酒鑑評会で入賞しました。

大吟醸「酒造之助」が、
第98回・第96回南部 自醸酒鑑評会 吟醸の部で優等酒を受賞、
平成28年度 全国新酒鑑評会で入賞酒を受賞しました。

酒造之助の詳細はこちら

第95回南部杜氏自醸酒鑑評会にて、純米の部「純米 灘菊」・
純米吟醸の部「きくのしずく」が優等酒を受賞しました。

南部杜氏自醸清酒鑑評会とは・・・岩手県の南部杜氏の故郷 岩手県花巻市で開かれ、全国新酒鑑評会などの各鑑評会とともに伝統ある鑑評会です。「吟醸酒部門」「純米吟醸酒部門」「純米酒部門」に分かれ、全国の蔵の日本酒が出品されます。