酒造りのこだわり

1
酒米は地元産を中心に厳選

酒米は「山田錦」「兵庫夢錦」「五百万石」など兵庫県産米を中心に厳選。特に、西播磨特産の「兵庫夢錦」は神崎郡市川町の農家さんと契約栽培をし、地元の酒米使用に力を注いでいます。

吟醸酒は全量「山田錦」を使用しております。また平均精米歩合は58%(平成27年度全国平均64.6%)であり、ほぼ吟醸酒なみの磨き上げたお米を使用しています。
2
小仕込み手作りで丁寧に醸す

より高品質な酒造りを目指し、平成6年から500kgの小仕込み生産を開始。現在年間200石(1.8L瓶で2万本)製造しています。

伝統的な手造り製法のため、製造量に限りはありますが、丹精込めて丁寧に仕込んでいます。米洗い・麹などの各工程は手作業で、一つ一つの作業を大事に進めています。

特に最終段階の「しぼり」は、昔ながらの「槽型30段しぼり機」(ヤエガキ式)を使用しています。通常のしぼり機では半日で仕上がるところ、「槽型30段しぼり機」は3日間をかけじっくりしぼります。出来上がる量は通常より約10%程少なくなりますが、ピュアで透明感のあるお酒に仕上がります。

手間隙かかるため、吟醸酒などの高級酒のみに用いられることが多いですが、弊社では全量をこのしぼり機を採用しています。
3
瓶貯蔵で徹底した品質管理

しぼったお酒は一週間以内に瓶詰めされ、瓶1本単位で徹底した品質管理を行います。

大吟醸・吟醸・生酒クラスは1℃の冷蔵貯蔵し、新鮮でまろやかな風味を維持しております。

純米・本醸造は10~15℃と商品に応じた適切な温度で3ケ月~1年半貯蔵し、熟成された一番おいしい旬の状態を判断し出荷しております。

灘菊を知る