CONTENTS

大吟醸「酒造之助」

灘菊シリーズ

大吟醸「酒造之助」
大吟醸「酒造之助」

創業者の実弟であり「フランス柔道の父」と称された川石酒造之助の生誕百年を記念して西暦2000年に発売。
灘菊酒造の最上級品として、全てにおいて洗練を極めました。酒米の王様「兵庫県産山田錦」の特特ランクを全量使用。35%まで磨きあげたお米を、約2ケ月かけ手造りの技で丁寧に醸します。
華やかさを秘めた気品ある香り・芳醇で奥深い旨みが調和した、最高峰の日本酒です。至福のひと時をお楽しみください。

川石 酒造之助(かわいし みきのすけ)
川石 酒造之助(かわいし みきのすけ)

旧制姫路中学校(現 兵庫県立姫路西高等学校)、早稲田大学を卒業。東京都庁勤務を経て予てから志望する政治家を目指して、米国・コロンビア大学へ留学。ニューヨーク日本人会で柔道を教えた。次いで英国に渡りオックスフォード大学とイギリス陸軍に柔道を指導。さらに仏国に移り住み、パリの中心部に道場を開設して柔道の普及に努めた。最初の弟子はラジウムの発見でノーベル賞を受賞したキュリー夫妻の娘婿 フレデリック・ジョリオ=キュリー、後にフランス柔道連盟会長となるポール・ボネ モリなど。「ma methode de JUDO」(川石方式柔道教書)を著し、スポーツとしての柔道、その技を分類して番号化、七色の帯などの工夫を重ねてフランス柔道界の発展に尽くし、世界の柔道王国フランスの基礎を築いた。昭和44年、パリで客死(享年69歳)。パリ郊外、ロバンソンの墓地に眠る。戒名 釈柔徹。

フランス柔道チームの東京オリンピック
事前合宿地が姫路市に決定しました。
フランス柔道の父と呼ばれた
川石 酒造之助の生誕地であることが
選定の大きな理由の1つだったそうです。
 

平成30年度 全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。
神戸新聞と毎日新聞で全国新酒鑑評会受賞についての記事が掲載されました。
神戸新聞で「川石酒造之助」に関する記事が掲載されました。

大吟醸「酒造之助」

 
 
 
 
 
 

 
米の品種 兵庫県産山田錦
精米歩合 35%
アルコール度数 15度
冷や
8~15℃
常温 ぬる燗
35~40℃
熱燗
45~50℃
   

720ml 5,000円(税抜)
1.8L 10,000円(税抜)